痩せすぎは危険?標準体型が一番健康的。

痩せすぎ,危険

 

 

 

痩せすぎは体調にどのような影響をもたらすのでしょうか。痩せすぎは危険なのでしょうか?ご紹介していきます。

 

痩せすぎの原因

 

@拒食症の前段階である

 

憧れのモデルや芸能人の様に痩せたい!と思ったり、または太っていることを他人から指摘されて傷つき痩せたいと思うようになり、それが極端になってしまっている場合があります。特に若い女性に多いのですが、やせたいと思うことで食事ができなくなってしまって、体重減少がいいことだと思ってしまうことにあります。体重が減少していくのを食い止めないと拒食症になってしまいますので、治療が必要な場合もあります。

 

Aもともと胃腸が弱く栄養吸収が悪い

 

普通に食べているのに、人より多く食べているのにちっとも太らないという人もいます。その一因には胃腸が弱いということがあります。胃の消化能力が低く、腸でも栄養を吸収しにくいために太ることができずに、ちょっとでも食べないとすぐに痩せすぎてしまう人もいます。

 

B胃下垂によって栄養を吸収できない

 

胃下垂は胃の位置が正常な位置よりも下がってしまっている状態のことを言います。病気ではありません。胃下垂の特徴は、食後に下腹部が膨れる、便秘、下痢が多い、少ししか食べられない、胃がもたれる、げっぷが多いなどの特徴があります。病気ではないので、健康診断で胃下垂ですと診断された場合でも特に治療する必要はありません。胃下垂がひどくなると、腸を圧迫して便秘になりやすくなったり、栄養を十分に吸収できずに、太れなくなることが多いです。

 

C過度なストレスでやせすぎてしまう

 

ストレスにさらされることも痩せすぎの原因になります。ストレスが続くと食欲がなくなる人もいますし、ストレスの影響で胃腸の調子が悪くなって、栄養を吸収できずに痩せてしまうこともあります。誰にでも起こりうることなので、やせすぎていると自覚した場合には、無理に食べようとせずに、ストレスを解消するように心がけましょう。

 

D栄養バランスの悪い食事

 

食事を抜くことや、お菓子などの甘いものを食事代わりにするのも良くありません。適正な体重を維持して美しいボディラインを維持するのには、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどをバランスよくとることが必要になります。野菜を食べない場合や、食物繊維が不足している場合には、内臓機能の低下にもつながり、胃腸で食べたものをしっかり吸収できずにどんどんと痩せていきます。

 

E体質・遺伝的なものが原因の痩せすぎ

 

両親が痩せている場合や祖父母も痩せている場合には体質的に太れない人もいます。太れないと聞くと羨ましいなと感じますが、コンプレックスを持っている人から見ると大変な問題であるようです。
痩せすぎ,危険

まとめ

 

痩せすぎになる原因などについてまとめていきました。痩せすぎていると免疫力の低下により、栄養失調状態となって風邪をひきやすくなったり、すぐに疲れたりということもありますので、しっかりとバランスの良い食事をとることで、体を健康に保つ必要があります。胃腸が弱いなどの体質の場合にはあまり無理をして食べなくてもいいでしょう。栄養バランスをしっかりとることで体の機能が正常に働きますので、一日30品目をバランスよくとるようにしましょう。

 

体に蓄えている脂肪は、体の生命維持にも必要になっているものですので、何かあったことを考えると少しぽっちゃりしているくらいの方が、体の耐久力もあります。痩せすぎていると感じる場合には、自分の好きなものでもいいので、食べるようにして、栄養バランスを整えていきましょう。体も冷やさないようにして、代謝の良い体を目指していきましょう。
痩せすぎ,危険
太りたい女性トップページ