体重を増やせば胸も大きくなる?

体重を増やすことで胸も大きくなるのでしょうか。太った時にバストアップする理由はどういったものがあるのでしょうか?ご紹介していきます。

 

体重をふやす,胸

 

ポイントは「脂肪」と「乳腺」と「血行促進」

 

太った時にバストがアップするのには、バストの構造に関係があります。胸は脂肪が90%で乳腺が10%という割合でできています。胸の土台となる胸筋や、脂肪やコラーゲンの束であるクーパー靭帯もバストアップを考える上では欠かせないものなのですが、胸の脂肪が90%ということは、脂肪が体についていることが必要になります。では、太っても胸に脂肪がつくとは限らないのはなぜかというと、乳腺が関係しています。乳腺は胸には10%しか存在しません。

 

脂肪には乳腺を守る働きがあり、乳腺が発達していない人の場合は、乳腺を守る脂肪も少ないので胸も小さいということになります。乳腺が発達するほど、乳腺を守る脂肪も増えて胸が大きくなるというメカニズムがあります。もう一つは女性ホルモンです。女性ホルモンには乳腺を刺激して発達させる働きがあります。妊娠すると胸が大きくなりますが、女性ホルモンが赤ちゃんを育てる母乳を作るために乳腺を発達させるからになります。乳腺を発達させるには、血行を促進させることが重要です。

 

乳腺を発達させるには、大人になっても分泌されている「成長ホルモン」という栄養が必要になります。それがさらに乳腺組織の受容体と結合することで発達することができます。その成長ホルモンを乳腺組織の受容体まで運ぶのが血液になります。ですので、バストアップにはバストの周りの血行促進が大前提になります。

 

 

やせ型だとバストアップしやすい

体重をふやす,胸
やせ形の人にはアンダーバストが細い人が多く、脂肪も足りていないために、代謝も悪く冷え性の人が多い場合があります。代謝が悪いと筋肉も凝り固まって猫背や肩甲骨がこってしまい姿勢が悪い人も多いです。まずは、太ることを意識した食生活をしましょう。

 

炭水化物やたんぱく質、脂質、ビタミンやミネラルなどの栄養素をきちんととるようにして、栄養バランスを整えましょう。一日三食朝昼晩に一食500kcal程度を目安に摂取しましょう。規則正しい食生活を取ることで、次第にふっくらと脂肪がついていきます。

 

 

バストアップには大豆を取ろう

 

バストアップにはバランスの取れた食事が必要ですが、その中でもたんぱく質は重要です。肉類や野菜、大豆製品などを取るように心がけましょう。もちろんお米も食べるといいでしょう。大豆に含まれているイソフラボンはバストアップにも効果的な食材です。女性ホルモンであるエストロゲンと同じような作用を示しますので、積極的にとるといいでしょう。豆乳や納豆、豆腐などを摂取するといいでしょう。

 

 

まとめ

体重をふやす,胸
太るとバストアップするのかについてご紹介していきました。ただ単に太っただけだと、胸ではなくお腹が出てきてしまうような場合も多いですので、効率的なトレーニングなどが必要になるでしょう。体中のお肉を胸に集めるような感じでマッサージを行うと体が十分に温まってリンパの流れも良くなり、胸にも栄養分がいきわたるでしょう。筋肉をほぐして、血行を促進し、乳腺の発達を促すといいでしょう。

 

太ると脂肪がお腹周りにつくのには、体の生命維持に必要な期間がお腹に集中しているためといわれています。胸にもお肉がつくといいのですが、血行を良くして乳腺を発達させることで胸にも脂肪がつくことが考えられます。バランスの良い食生活を送って、健康的に太れるようにしましょう。炭水化物を取るのもいいでしょう。適度に体も動かして、必要なところにだけ脂肪が残るといいでしょう。

 

健康的に太るトップページ